[服好きが教える]周りと差をつけるファッションのコツ5つ[中級編]

周りの人と差をつけたい
もっと服について知りたい
なにを意識すれば良いかわからない

そんな方に向けて、服を好きになって10年の僕が周りと差をつける5つのポイントを紹介します。

 

UNIQLOや無印、その他プチプラ等を着ている人が多く被ってしまいますよね。

ブランドであればまだしも、着方まで被るとおしゃれのメンツが立ちませんね笑

この記事では、同じブランドでも着方を変えるだけでおしゃれに魅せるコツを紹介します。

 

最後には、ブランドも被りたくない!という方に向けて、おすすめなブランドも紹介しています。

ぜひ参考にして、周りと差をつけてやりましょう!

今回の内容はこちらです。

 

ファッションのコツ① : シルエットを意識しろ

服はトータルコーディネートで考える必要があります。

トータルで考えるために意識して欲しいのがシルエットになります。

シルエットを意識するだけで、全身を把握することにつながりバランス感覚が身につきます。

全身のバランス感覚を養い、より一層おしゃれに魅せれるよう努めましょう。

今回紹介するシルエットは下記に示す3種類+1です。

  • Yシルエット
  • Iシルエット
  • Aシルエット
  • Oシルエット

それぞれ順に紹介していきます。

Yシルエット


写真のようにトップスボリュームをもたせて、ボトムスは抑えるシルエットになります。

ボトムスを抑えることでスッキリとした印象を与えます。

定番のスタイルのため他の人と被りやすいですが、難易度は低いので再現しやすいです。

失敗もしにくいシルエットのため、どなたでも挑戦していただけます。

Iシルエット


写真のようにトップスとボトムスのボリューム感を揃えるシルエットになります。

トップスにもボトムスにも偏らないため、バランスのとれたスタイルです。

ただ平均的過ぎるが故に、周りと被りやすいため差別化が難しいです。

カラーリングやデザイン性のある服等で周りと差をつけましょう!

Aシルエット


写真のようにトップスを抑えて、ボトムスにボリュームをもたせるシルエットになります。

ボトムスにボリュームがある分、安定感のある印象を与えます。

あまり見慣れていないので着こなすのが難しいですが、使いこなせると差を付けることができます。

まずはAシルエットを使いこなしている人を探して、参考にしてみてください。

応用 : Oシルエット


写真のように腰回りを中心にボリュームをもたせて、首元な足元を抑えるシルエットになります。

フレアの掛かったトップスとテーパードの掛かったボトムスを必要とするスタイルです。

丸みを帯びたシルエットのため、包容力のある優しい印象を与えます。

ピンポイントのアイテムを組み合わせて再現可能のため難易度は上がります。

一つの手として頭に入れておきましょう。

 

ファッションのコツ② : レイヤードを使いこなせ

レイヤードとは

レイヤードとは、積み重ねるという意味を持ち、服を重ねて着ることを指します。

防寒のためではなく、あくまでも重ねて着ることによっておしゃれに魅せる技術のことです。

では重ねて着ることでおしゃれに魅せるとはどういうことかについて説明します。

重ねて着るおしゃれとは


写真を見ていたくと、重ね着した服のサイズが異なり、中に着ている服が少し見えていますね。

この少し見えるが大事なのです。

カラーリングとして、サイズのバランスとして変化するのがわかります。

よりこなれた感を演出できますね。

他にも外に着る服は透けているものを選び、中を魅せるといったレイヤード技術もあります。

細かいところですが、印象をかなり変えてくれるので挑戦してみてください。

 

ファッションのコツ③ : 服の種類を覚えるべし


服にはたくさんの種類があります。

全部を覚える必要はなく、流行りもしくは自分の好みの種類だけ覚えておけば問題ありません。

種類を覚えることでコーディネートの幅が広がります。

このアイテムとこのアイテムは合わないなとか、逆にこのアイテムとは合いそうだ、といった感覚を鍛えられます。

今回は流行りの種類に特化して紹介するので、この内容さえ覚えてしまえば一歩前進です。

紹介する種類については下記の通りです。

  • シャツ
  • パンツ
  • コート

それぞれ順に説明していきます。

シャツ

シャツは襟においてレギュラーカラーとバンドカラーがあります。

そして裾においてラウンドカットとボックスカットがあります。

それぞれ2種ずつを紹介していきます。

襟 : レギュラーカラー


一般的なビジネスシーンで使用するシャツを思い浮かべていただければわかりやすいです。

レギュラーカラーの特徴は、首元でレイヤードができることです。

重ね着をした場合、襟を出すことで首元のレイヤードが完成です。

また襟がついていることで目線を上(首元)に誘導することができるので全身でのバランス感も良くなります。

襟 : バンドカラー


襟とは台襟の返しに付くもので、バンドカラーは台襟までしかないものを指します。

(レギュラーカラーにも台襟は付いています!)

バンドカラーの特徴は、襟がないことによってよりカジュアルに魅せることができます。

レギュラーカラーではビジネスシーンに使用されていることもあり、カチッとした印象を与えます。

一方バンドカラーは清潔感は残しつつ、ラフな印象を与えます。

組み合わせたいアイテムによってより清潔に、よりラフにするか選択をしていきましょう。

裾 : ラウンドカット


一般的なシャツに多く、裾が曲線にカットされているものを指します。

ラウンドカットであれば、曲線している部分が重ね着した時に見えるのでレイヤードが可能です。

丸みがある分、優しい印象も与えてくれます。

裾 : ボックスカット


裾を一直線にカットしたものを指します。

一直線にカットすることで、よりアウターライクなスタイルになります。

一直線にカットされている分、整っているしっかりとした印象を与えます。

夏場にシャツ一枚でコーディネートを完結させたい時におすすめです。

 

パンツ

パンツはワイド、テーパード、フレアの3種類を紹介します。

パンツはシルエットを左右する大事な役割があるので、種類についてしっかり把握しておきましょう。

ワイド


その名の通りワイドに広がったパンツを指します。

僕のワードローブもワイドが多いですが、なんといっても楽。

ワイドに広がってる分、足の可動域に服が邪魔をしないので開放感があります。

(慣れていて無意識になっていましたが、普段あれほど窮屈だったのかと感じさせてくれます!笑)

また、ワイドに広がることで安定感、包容力といった優しい印象を与えます。

ワイドパンツを用いればIやAシルエットの再現も可能です。

ゆるコーデやふんわりとした雰囲気が好みの方におすすめです。

逆に足が短く見えるから嫌という意見も聞きます。

そんな方には次に紹介するテーパードがおすすめです。

テーパード


その名の通りテーパードの掛かった、裾に向かって狭まっていくパンツを指します。

テーパードを掛けることで細身、脚長効果がありスッキリとした印象を与えます。

ビジネスシーンでも使用されることが多く、清潔感も感じます。

テーパードパンツを用いれば、YやOシルエットを再現可能です。

身長が高い人やスタイリッシュな雰囲気が好みの方におすすめです。

フレア


90年代に流行り、再びここ近年で注目を浴びています。

その名の通りフレアの掛かった、裾に向かって広がっていくパンツを指します。

テーパードパンツの上下を逆にしたものをイメージするとわかりやすいです。

多少の違いはありますが、ブーツカットやベルボトムとも呼ばれています。

フレアが掛かっていることで、脚長効果がありロックやクールな印象を与えます。

また、フレアパンツを用いれば、Aシルエットの再現が可能です。

最新ものが好き、90年代が好きな方におすすめです。

 

コート

コートはステンカラー、トレンチ、チェスターの3種類を紹介します。

コートは着るだけでかなり雰囲気を出せるアイテムなので、1着でも持つことをおすすめします。

ステンカラー


写真のように襟が短く、首元まで開閉できることが特徴です。

デザインがシンプルのため、どんなアイテムにも合わせられます。

まだコートを所持していない方には、万能で優秀なステンカラーコートがおすすめです。

逆に個性が足りないと感じる方には、次に紹介するトレンチコートがおすすめです。

トレンチ


一度は目にしたことがあると思います。

写真のようにボタンが2列、ベルト付き、肩に当て布(ガンフラップ)が施されているのが特徴です。

ブランドではBurberry(バーバリー)が有名ですね。

トレンチコートはデザイン性が高いため、一着でコーディネートを完結させることができます。

デザイン性の高いコートが欲しいという方には、トレンチコートがおすすめです。

チェスター


写真のように下襟(ラペル)が長く、胸元が開いているのが特徴です。

デザインはスーツに似ており、フォーマルな印象を与えます。

ビジネスシーンでも使用されることが多いコートです。

胸元が開いている分、他のアイテムとの組み合わせが重要となってきます。

相性の良し悪しを考える必要があるため、他のコートに比べると難易度が上がります。

他の人と被りたくない、他の種類のコートを持っている方におすすめです。

 

ファッションのコツ④ : 小物アイテムで差をつけろ


おしゃれさんこそ、細かいところまで気を遣っています。

大きく印象を変えるのは服ですが、周りと差を付けたいのであれば細かいところまで意識しましょう。

今回は手の出しやすい、よりおしゃれに魅せる小物アイテムを紹介します。

ぜひ挑戦して周りと差を付けましょう。

今回紹介する小物アイテムは下記の通りです。

  • リング
  • アイウェア
  • 帽子

それぞれ順に説明していきます。

リング

リングはアクセサリーの中でも小さく、チェーンのように悪目立ちすることがありません。

小さい割に良いアクセントを加えてくれるので重宝します。

人は体の中で手を一番酷使します。

そのため手にリングが付いているだけで、注目を集めることができ、さりげなくおしゃれを演出できるのです。

つけ過ぎは逆効果ですが、バランス良くつけることで周りと差を付けれるでしょう。

アイウェア

アイウェアとは眼鏡をかっこよく言った名称です!

(本来は眼鏡やサングラス、コンタクトといった眼に装飾を施すアイテムの総称)

おしゃれさんはよくアイウェアをされていますよね。

自分には合わないと思われがちですが、デザインが豊富なので自分に合うアイテムに出会えます。

黒縁、金属、鼈甲、丸、四角、素材形ともにたくさんあります。

アイウェア一つあるだけで周りと差を付けれることはもちろんです。

まずは自分に合うアイウェアを探すことから始めてみてください。

挑戦することこそ周りと差をつけるための大きな一歩です。

帽子

帽子にもたくさんの種類があるので、差別化を図るのにもってこいのアイテムです。

種類を羅列すると下記の通りです。

  • キャップ
  • ハット
  • ベレー
  • 麦わら
  • ニット
  • キャスケット etc…

帽子も自分に合う種類があるので、まずは探すことから始めてみてください。

 

ファッションのコツ⑤: ブランドを知るべし


高すぎず安すぎず、ちょうど良い品質、価格のブランドが知りたい方におすすめブランド3選を紹介します。

初めて聞くブランドもあると思うので、周りと差をつけるのにおすすめです。

紹介するブランドは下記の通りです。

  • foufou
  • MARGARET HOWELL
  • BASISBROEK

それぞれ順に説明していきます。

foufou

適度にお洒落で、適度に使い勝手の良く、適度な価格の服をコンセプトとしています。

アイテム自体はフォーマルな服が多く、綺麗めが好みの方におすすめです。

店舗自体は構えておらず、テナントを借りて試着会もしくはネットでの販売といった新たらしい販売形式になります。

SNSへの投稿頻度も高いため随時チェックしてみてください。

MARGARET HOWELL

英国のファッションブランド。

日本人好みの英国スタイルのため、万人受けするアイテムが豊富です。

小物アイテムも豊富に展開されているため、統一感を出すとよりおしゃれに魅せることができます。

全国へ店舗を設けられているので、チェックしてみてください。

BASISBROEK

ベルギーのファッションブランド。

ミリタリーやワークから着想を得たデザインを展開されています。

トレンドである綺麗さを残しつつ、ミリタリー感を含めたカジュアルなアイテムが豊富です。

価格に対して品質の高さが群を抜けているので、高品質のアイテムを探している方にもおすすめです。

それぞれのブランドについてさらに詳しくまとめた記事がありますので、気になる方は「大学生必見!ニッチなブランドおすすめ3選を紹介[ファッション]」をご覧ください。

 

周りと差をつける5つのポイントまとめ

シルエットを意識しろ
Y、I、A、Oシルエットを意識してコーディネートをする

 

レイヤードを使いこなせ
重ね着をする際にサイズやカラーを変えて、中と外で差をつける

 

服の種類を覚えるべし

  • シャツ:レギュラーカラー、バンドカラー、ラウンドカット、ボックスカット
  • パンツ:ワイド、テーパード、フレア
  • コート:ステンカラー、トレンチ、チェスター
  •  

    小物アイテムで差をつけろ

  • リング
  • アイウェア
  • 帽子
  •  

    ブランドを知るべし

  • foufou
  • MARGARET HOWELL
  • BASISBROEK
  •  

    今回紹介した内容以外にも知識や技術はたくさんあります。

    この記事が読者様の悩みの解決や学びになると嬉しいです。

    また上級編として「服好きは何を意識して服を選んでいるのか」についての記事もありますので参考にしてください。

    上級者が服選びにおいて意識しているポイント5点[ファッション] そんな方に向けて服を好きになって10年の僕が、上級者服選びで意識しているポイント5点を紹介します。 この記事を読も...
    ABOUT ME
    maepulog
    21歳エンジニア / ファッションを中心にデザイナーズに囲まれた暮らしを展開