マインド

卒業生が教える!高卒後に就職するメリットデメリットについて

高校卒業後、進学するか就職するか大きな分かれ道となり悩まれる方がいらっしゃると思います。

今回はそんな方に向けて、高校卒業後に就職を選んで社会人3年目の僕が就職したメリット・デメリットについてお話します。

 

正直、どちらの道を選んだところで大事なのは、他人との比較ではなく過去の自分と比較することと考えています。

つまり良し悪しは読者様次第です。

ここで心理学の三代巨頭の一人、アルフレッド・アドラーの言葉を引用します。
「大事なのはなにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである」

 

この記事を参考にベストな選択をしていただければ幸いです。

長くなりましたが、今回の内容はこちらです。

 

高卒後に就職するメリット

 

いち早く社会を経験できる

正直、これだけです。

ですが、この「いち早く」というところが僕にとってはかなり重要なのではと考えます。

いち早く社会を経験できることで得られるメリットは下記の通りです。

  • 上下関係を築ける
  • 金銭の支出に慣れる
  • 社会の存在を知れる
  • それぞれについてもう少し深掘りしていきます。

    上下関係

    社会人になると同じ会社の人はもちろん、場合によっては他の会社の方と接することもあります。

    この接し方を別の言い方でビジネスマナーと言います。

    初めはどう対応していいのかわかりません。

     

    ただ、経験と共に対応の仕方を覚え、成長していきます。

    進学の方が学問の勉強をしている間、社会への経験値を稼ぐことができるのです。

    ビジネスマナーは会社に限らず、プライベートの場面でも大いに役立つので、これは社会人をいち早く経験した方の大きなメリットになります。

    金銭の支出

    社会人になると働いた分の賃金が発生します。

    一般的な学生が行うバイト代とは違い、自分の手元に入ってくる額にかなり差があります。

    そのため金銭を必要とする趣味やビジネスに繋げることができます。

    これまた、経験のお話です。

    なにより強みは早く経験できること、経験値を稼げることでしょう。

     

    社会の存在

    例えば就職した会社が自分に合っていない、または他にやりたいことを見つけた等の理由で転職がしたいと考えた時に役立ちます。

    社会に出れば、自分の近い存在(地元の人や同級生)以外の方と接する機会がかなり増えます。

    その分、自分の知らないことが増えるので世界が広がります。

    その広がった世界をいち早く知ることができることこそがメリットでしょう。

     

    現に、僕もこうしてブログを書いています。

    新たな世界を知ることができたので、いち早く行動に移せているのでしょう。

     

    高卒後に就職するデメリット

    人生の夏休みを経験できない

    やはり、高校卒業後に就職して1番辛いのは、遊んでいる友達が周りにいることです。

    メリットで挙げた金銭の支出が大きいこととは裏腹に自由時間が取られます。

     

    人間どうしても他人と比較しがちです。

    導入で挙げましたが、自分も他者と比較してしまいます。

    仕事をしている時間も遊んでいる友達がいると羨ましくなるでしょう。

     

    給料が低い

    会社によりはしますが、やはり日本という国にいる限り、学問に関する勉強の良し悪しで対応が異なります。

    進学して勉強をしている間、金銭を稼ぐことは可能です。

    ただ以後約40年のトータルで考えると、高校卒業後に就職した方のほうが劣ります。

     

    学力に差が出る

    学問の勉強をする時間に仕事を行っているので、差が出るのは当然です。

    ただ、今後の職種にはよりますが個人的に必要か不必要かを考えるとそこまで重要ではないと考えております。

     

    ただ先ほども述べたように学力によって自身のステータスを測られます。

    自身の技術が優れていても認められない場合があるので注意が必要です。

     

    高卒が就職する意味まとめ

  • メリット
  • いち早く社会を経験できる

    →上下関係、金銭の支出、社会の存在等を知ることができる。

    結局は経験こそが最もな強みです。

  • デメリット
  • 人生の夏休みを経験できない
    周りの遊んでいる友達が羨ましいです。

    給料が低い
    社会人生活トータル的に考えると、高校卒業後に就職した方のほうが劣る。

    学力に差が出る
    学力によってご自身のステータスを測られることが多いので、劣等感を感じる。

     

    最後になりますが、導入でも挙げたように与えられたものをどう使うかが大事だと考えています。

    僕は高校卒業して就職しましたが、今回挙げたメリットは1点にも関わらずかなり大きなものと感じております。

    僕の意見を参考にご自身の解釈でご決断いただいて、ベストな選択をしていただければと思います。

     

    また学生のうちに読むと周りと差をつけられる本を紹介しています。

    かなり読みやすい本なので苦手な人も問題ありません。

    ぜひ本を読んで周りと差をつけましょう!

    【10代におすすめする自己啓発本3選】この3冊は絶対に読んでおけ! そんな方に向けて、21歳の僕が人生を変えてくれた学びながら楽しめるおすすめの本3選を紹介します。 若いうちから本を...
    ABOUT ME
    maepulog
    21歳エンジニア / ファッションを中心にデザイナーズに囲まれた暮らしを展開